格安スマホのメリットとデメリット

格安スマホのメリットとデメリット

最近格安スマホというのが話題になっています。格安スマホというぐらいなので、安いスマホであることは分かりますが、それは何に比べて、何が安いのでしょうか?それは一般の携帯電話会社の通信料と比べて安いのです。

 

どのくらい安いのかというと、契約形態で多少替わってきますが半分から三分の一程度の金額になります。これは今までの携帯が高いという人にとっては、とっても朗報であると言えます。

 

またスマホ本体がdocomoの方なら、そのままのスマホを使って格安スマホに替えることが出来る場合があります。それもSIMカードを交換するだけという簡単な方法でです。(そのまま使えないタイプもスマホ本体もありますので注意が必要です。)

 

また格安スマホ会社の中には、悪名高い2年縛りがないところもあります。そのため気に入らないと、いつでも別の携帯会社に替わることも出来ます。ただこう書いていると、メリットばかりのような気がしますが、当然デメリットもあります。

 

一番のデメリットはほとんどの格安スマホ会社は、一般の大手携帯会社のように店舗も持っておらずにネットだけでの販売になりますので、もしトラブルや質問がある場合に簡単にお店に行って聞くようなことが出来ません。そのためスマホの全く初心者の人にはちょっと使いづらいかもしれません。

 

次に通話には無料通話がなく、必ず通話料が発生しますので、よく携帯で通話をする人は逆にトータル金額が高くなる場合があります。

 

またスマホの機種もあまり多くなく、ほとんどの場合はベーシックな機能しかない機種がほとんどです。その為多機能のスマホがほしいと思う人は自分でSIMフリータイプのスマホを用意する必要があります。

 

最後に回線速度は、一般の携帯に比べて遅い場合が多いです。格安スマホでも通信回線はdocomoやau等の一般回線を使っているので、基本的には同等の回線速度で使えるように思えるかもしれませんが、実際は回線制限をされているために高速で使えない場合が多いのです。

 

それはちょうど三車線の高速道路で実際は使えるのが一車線だけという状態と同じと思っていただければ分かりやすいと思います。これらのデメリットは確かにありますが、スマホはメールとホームページを見るぐらいで、機種も高性能を求めないような人には、通信費が安いというのはとても魅力だと思います。

 

また通話料もSkypeやLine等の無料通話機能を使うことで押さえることも出来ますので、自分の使う環境や使いたい機能をよく考えて格安スマホをうまく活用して下さい。

 

DMMモバイル評判情報はこちら!キャリアのスマホはもう古い!

関連ページ

格安スマホへの乗り換えを行う
スマートフォンは、現代人にとって、情報を取得したり、電話を掛けたり、電子メールを使ったりするのに欠かせないツールとして利用されています。時代と共にスマートフォンの性能は高性能になってきており、カメラ機能は、コンパクトデジタルカメラ並の画素数で写真を撮影出来たり、HD動画を撮影出来たり、高精細なディスプレイでサイトの閲覧や動画の視聴などが行えたりします。
スマホ代はもっと安くなる
現代人に欠かせない存在となっているスマートフォンですが、どこの携帯電話会社もスマートフォンの料金はガラケーよりもグンと高くなってしまいます。毎月の費用が負担に感じている方も多いはずです。高い料金はもったいないけどスマホがないのは困ると、仕方なく支払い続けている方もいます。
店頭申し込みができ、即日利用も可能な格安スマホについて
安い月額料金でスマートフォンを持つことができるサービスとして近年メディアにも取り上げられることが多くなっているのが格安スマホと呼ばれるスマートフォンのサービスとなります。
格安スマホを購入してみました。
最近話題の格安スマホを購入してみました。格安スマホとは、主に主要キャリア以外が販売している1万円前後から3万円程度のスマホのことで、10万円近くするiPhoneなどと比べればとても安価に入手することが出来ます。
格安スマホの買い方と料金プランの選び方
毎月の料金が安くなる格安スマホと呼ばれるものがあります。最新の機能が搭載されており「安っぽくて電話しかできないスマホ」ではありません。しかし格安スマホはどこで手に入れられるのでしょうか。携帯ショップで購入できないものばかりです。
種類の多様化が進む格安スマホ
格安スマホの種類は多様化の傾向が強く確認されるようになってきており、多くのところで関心が向けられているのではないでしょうか。現在では多くの人々が格安スマホを新規に購入しようとするようになり、様々なタイプの機種がラインナップされることが歓迎されているとみられています。